年に2回。No40

こんにちは。 Hugくみサポーター 牧です。 9月は動く月となっております。   先週末、 愛知県内のMG研修インストの集まり、 「名古屋シーガルクラブ」の主催にて MGの開発者である西先生をお迎えしての MG研修が開催されました。 愛知県は、MGが開発された後、 盛んにこの研修を取り入れて、好業績を上げたり 社内環境が良くなった企業様が多いそうです。   名古屋シーガルクラブとしての開催は 1年に2回、この2年間はコロナ騒動にも負けず 何とか開催を続けて、これで10回目となりました。 私は第6回からお仲間に入れてもらって 参加の皆様をお迎えしています。   36名で行うMGは、 全く初めての方から、1000期(1000年分の模擬経営)以上の 方まで、経験値は様々です。 しかし、当然ながら やる事やカリキュラムは同じ。 経験者が圧倒的に強いかといえば それは違ったりします。 実社会でも、スタートアップの企業が弱いとは限らず、 老舗が強いとは限らない。 MG界では、これを「イモ洗い」とも言います。 結局のところ、 この研修を単に研修の場と捉えているか、 全体が社会の縮図と捉えているか、 そりゃあ人それぞれですが、 観えない考えが、見える行動や成果になっちゃうんですよね。     今回が終わっての自分の感想・・・。 「続ける」という事が大切だということ。 色々な問題はありますが 10回という回数を経て 主催側の経験値も増え この地に、西先生がお見えになる回がある、 という認知を得るには 続ける事しかないと思ったんです。 企業も同じかもしれないな。 続けたモノには 続けたモノなりに得るものがある。 人は、何かをやめる時には その理由を、やめる方向に、理論的に、 たくさんのマイナス要素が あるように、 もしくはやめた方が前向きだと、 やめるのがもっともだと 自分を自分で納得させる習性がある。 これを心理学で「合理化」とも呼ぶ。   色んなことがあって、続けるもやめるも 意思決定は色々であり、そのこと自体に是非も成否もない。   私はMG研修に取り組もうと決めた時、 結構、直感的に決めた。 直感的に決めたんだけど、続けるという意思決定というか 覚悟はしっかり持っていた気がするんだよね。 これを自社にも少しづつ取り入れて 少しづつだけど、変化してきている感もあります。 そんな研修に報いるためにも 地域でもっと、MGが盛んになったらいいな。 それにはやっぱり 「続ける」 だね。   ☆HugくみMGは、名古屋にて毎月開催。 開催スケジュール…

誰と学ぶか No38

こんにちは。 Hugくみサポーター 牧です。 暑い日が続きますが 自然には勝てませんので、対処はしっかりと。   先日は 福井の方で、永年の学びの友と その周りにいらっしゃる方々と 2日間のMGの学びでした。 永くコーチングをご一緒させていただいて、 そしてコロナの時期を経て、 ほんの小さなきっかけから ご一緒する事になりました。というご縁が 本当に面白いのです。 越前海岸の目の前で、 初めての方ばかりの中、 最後までしっかりと学び合えました。 最後に主催のUさんが 「何を学ぶかも大事だけど、 誰と学ぶかが、大事なんだよ」 本当にそうですね。 自分の会社と、まわりの会社を良くしていきたい、 その想いが、とても大切だなと 思いました。 そして、海! 2日間ともに、熱中症アラートが出るほどの 暑さではありましたが その分、海の色が青い! 180度以上の水平線が見渡せるロケーションは 小さなことに悩んでいては 何かを見失うなと、 あらためて感じた次第です。 今後、定期的に開催の予定。 どんな風に、皆さんが変わるか、 そして私も どんな風に変われるか、 楽しみしかありません。   ※HugくみMGスケジュールは 2023年3月分まで決定しております。 開催スケジュール…

少しの後押しが力になる。 No37

こんにちは。 HUGくみサポータ― 牧です。 蒸し暑い梅雨ですねえ。 暑さを楽しめるようになりたいです。 (暑さが苦手)   先日は第16回HugくみMG、 3卓が無事に終了しました。パチパチ。 この頃は、必ず「初めて」の方が参加されます。 自分の時もそうですが 初めてこの研修に参加すると、 楽しいというのは分かるけれども その後に、絶賛、分からない決算が待っています。 もちろん、順番に素直にやっていけば 出来るようになっています。 しかし、人は、見慣れないものは脳が距離を置こうとして 「苦手」というレッテルを張って 防御します。 そうなると、やり方も書いてあるのに、見えなくなり、 教えてもらっていても分からないという感情が湧き、、、、 最後は「難しい」というラベルを張って 「これは難しいモノ」として 記憶に残します。   場を提供するものとして気を付けるのは そんな人がいやしないか、 落ち込み過ぎている人がいないか、 常に注意を払う事です。 いや、落ち込んでもいいんです。 しかし、人間は「希望」が無ければ 努力しようとする意欲が半減します。 出来ているところを少しだけでも認める。 やろうとしていることを、ちょっとだけ 後押しする声かけなどで 元々学ぼうとしている人なわけなので 立ち上がってきますね。 今回の感動ポイント!は 2日目の最後の決算が 12名全員で1時間程度で終わったこと。 初めての方がいる中での事なので これ、自分的に感動です。 そして、やり切った皆さんの清々しい顔が ステキでした。 少しづつの後押し、 きっと、誰かの大きな力になりますよ。 ※HugくみMGは2023年3月分までスケジュールが決まっています。 名古屋駅前、ウインクあいちにて開催。 開催スケジュール…

感動の社内MG No36

こんにちは。 HUGくみサポータ― 牧です。 この地区はついに梅雨に入りますねえ。 しとしと雨が降って 寒い!と感じる日もあります。 しまった上着を引っ張り出してと・・。   先日は、名古屋の某社様主催で 社内MGを開催、ご一緒させていただきました。 お菓子屋さんの製造部の方を中心に、 お知り合いの応援もあり 素晴らしい2日間となりました。 自分もそうでしたが 会社の業績アップや社内環境を整えるのに 有効だと思っている学び、 しかし、自分も最初は難しいと感じて なかなかの時間や労力を要して学んだ事を 社内全体でやろうとするのは 実はなかなか勇気というか、思い切りが 必要なのではないでしょうか。 自分は何とか耐えて、(あ、もちろんMGは楽しく学べますが)、 くそ根性でやり切っていても もしかしたら社員さんは嫌がるのではないか、 時間内に終わらないのではないか、 良かれと思って導入したことで 返って信頼を失うのではないかなど等‥等‥ 色々と心配事があると思います。 私は美容室の社員さんたちが 果たしてこの決算をやれるのか、 不安でした。 だから、プラスの思いは十分に持ちながらも 一方では、違う一面、ケアも考えておく必要があります。   これが、実施する前の気持ち。   「社員さんを信じましょ」の一言を 主催の社長さんの背中に投げて 導入をどうするのかなとお待ちしていたところ、 少ししたら開催の連絡がありました。   実施してみれば 感動の2日間です。(勝手に感動してる) 社員さんはいきいきと 難しい!頭から煙が出る!疲れた!と 言いながらも 楽しんで学ばれる姿勢。 そこに、共に学ぶ社長の姿。 こういう場の空気感は、これまでの共育が 必ず土台となっています。 態度や姿勢は、その場ですぐに身につくものではなく 日々、養われていくもの。 すでに、その土台を作り上げていたからこそ、 外部から見ても素晴らしい時間を共有できたと思います。 実際、頭から煙が、見えたような・・・・・くらい、 慣れない事に大変そうではありましたけど。 社員さんが社長の気持ちや意志を 支えていきたいと思う姿。 それにしっかりと応えていくことが 繫栄する会社をつくるというものです。 いやあ~~ MGの場って、いいですね。 ※HugくみMGは、毎月、名古屋駅前で開催予定です。 最大3卓(18名)で開催しています。 開催スケジュール…

「100」という数字の力 No35

こんにちは。 Hugくみサポーター 牧です。 育むことを応援、サポートするから 「サポーター」です。 私はコンサルタントではありませんので あなたの会社をこーしなさいよ、あーしなさいよは 言いません。 自分の会社を経営しているからこそ分かる、 経営者の孤独さや苦しみ、やりがいやうれしさ、 一緒に感じながら応援していきたいと思っています。 まあ、そんなに大きな支えにはなりませんが、 ふと、心に引っかかって居たら幸いです。   さて、 第15回HugくみMGは無事に終了しましたが、 今回は「100期到達」の方がお1人いらっしゃいました。 初MGの時にもHugくみに来てくださいました。 その時は、私もインスト歴が浅く、 2日目の終了時に、その方の決算が間に合わず、 さらに悪い事に、会場もギリギリの時間でしか 借りておらず、 決算を持ち帰ることになったHさん。 幸いにも、MGに誘った方がお友達で、 決算書を添削してくださったとの事。 そんな初MGを体験すると ふつうは嫌になっちゃうことが多いのですが この方は決意、「100期までやる」 そして、1年足らずで達成されました。 100期目はキチンと表彰になる成績でおわり 私も嬉しさで一杯です。 MG研修には「100回帳」というスタンプ帳のようなものが あります。 100期やると人間が変わる!と書かれてあります。 どのように変わるかは、自分次第ですが。   日本では「100」という数字は 数が多い事という意味。 何かを学ぶときには、100を目指すというのも 分かるような気がします。 100冊読めばいっぱしの理論専門家、 100回やれば能力は必ず上がり、 100日続ければ、その後も継続でき、、、、、 「百」は多くの友人や才能に恵まれるようにと 人名にも使われる縁起の良い漢字。 達成したHさんの会社が より良い経営が出来ることを 心から応援しております。   調べていたら 「百尺竿頭(ひゃくしゃくかんとう)」という 言葉に突き当たりまして。 100尺のある竿の先に達しても さらにもう一歩、 踏み出して歩を進めるという意味。 努力を積み重ねていく心構えの例え。 自分も、そうありたいですね。   ★HugくみMGは、名古屋駅前で毎月1回開催。 開催スケジュール…

良い場はみんなでつくる。No34

こんにちは。 HUGくみサポータ― 牧です。 先日、第15回HugくみMGが 2卓にて無事に終了しました。 ご参加の皆様、ありがとうございました。 HugくみMGは名古屋で月1回、 開催をしており、これからのスケジュールも 既に決まっています。 参加者が多い時もあれば、少ない時もありますが 概ね2卓、12名前後で開催しています。 今回は遠くからの大先輩の参加もあり 随分と深く濃い2日間を皆さんが過ごされたように 思います。 割と女性の参加者が多いのも、特徴かもしれません。 一応、私が女性なので 安心感という面でしょうか。 今回が2回目という社員さんの女性の方、 来る前は「これで終わりにしよう」と思っていたと 感想文で告白。 初参加の時に、ルールや決算の理解に 時間がかかったことが、少し残っていたのでしょう。 そんな彼女は、最後には 「もっと学びたい」「楽しかった」 と感想を書いてくれました。 そうよね、私が見ている限りでも ゲームは本当に楽しめていたし 決算は自分でやろうとする意欲がとても高い。 もともと持っている前向きさもありますが この2日間の参加者同士の出会い、 化学反応ともいえる「場の力」。 これが彼女の気持ちをガラッと 変えたんだと思います。 良い場があると、業績(パフォーマンス)が上がるし モティベーションも上げれる。 楽しくなければMGではない。 美しくなければMGではない。 効果がなければMGではない。 この研修の思想の通りに 誰でも変化できる可能性を しっかり感じた2日間でした。 →今回のMGは感じるところが沢山。 次回に続きます。 ★HugくみMG 第16回 6月20日(月)・21日(火)まだまだ募集中です。 開催スケジュール…

8月 HugくみMGは日程変更しました。

こんにちは。 HUGくみサポート 牧です。 …

「知ってる」という無知 No33

こんにちは。 HUGくみサポータ― 牧です。 ゴールデンウイークですねえ。 私はサービス業にいるということもあり、 世間のGW時には出かけないということで 過ごしてきております。 今年は2年ぶりの制限なしのGWとの事。 思ってる通りの混雑もあり、 あれ、全然混んでないねという所もありで 市内を車で走っているだけでも面白いです。   先日、 昨年からコーチング研修を行っている浜松の企業様に 2年目の研修に伺いました。 ご希望として「同じことを2周目」 代表のあいさつで、なぜ同じことを何回も 聴いたり研修するのかをお話されていました。 なぜそうするのか、 ここが明確な企業様の研修は こちらも明確にお話しすることが出来ますね。 心に「素直に聴く」という構えをつくっておく。 この「心の構え」が、すごく大切だと思います。   人間とは面白いもので その時の自分の立場や状況によって 同じことを聴いたり学んだりしても 感じ方が違うものです。 1回目の時には感じなかったこと、 1回目の時には気が付かなかったこと、 1回目の時には事例を持っておらずピンと来なかったこと、 なにかしらの体験を経て、 2回目に話を聴いた時に、 経験に照らし合わせて聴けたり、検証できるということ。   「もう、知っている」というのが 一番の無知なのかもしれませんね。 世の中には、自分の知らない事が たっくさんありますから。 ※Hugくみコーチング研修は、 社内状況にあわせたオールカスタマイズ研修です。 コーチング…

第14回HugくみMG No32

こんにちは。 Hugくみサポーター 牧です…

年2回 西先生の名古屋MG No31

こんにちは。 Hugくみサポーター 牧です。 MGの開発者である西順一郎先生をお呼びしての MG研修を 名古屋では年2回、開催しています。 名古屋界隈でインストラクターをしている仲間4名で この会を運営しています。 私は、その末席にいるわけです。 この会に、全国から参加者がお越しになります。 研修自体は2日間で、 やることも同じなのですが そこは、やはり、開発者という神…のような 存在の先生がいるだけで 場の空気感も、参加者の心構えも 違うのです。 神を追っかけて・・・なんて人もたくさんいますよ。 参加者同士の「教え合い」も進みます。 この研修では 一番遅い者に寄り添うということもあり、 先生は、それを実践されます。 自らが近くに行って、教えます。 初心者のハードルを下げる、ウイットに富んだ 話し方やジョークも交えて。 これが私たちの大きな学びになりますね。 機会があれば、ぜひ、参加して欲しい機会です。 次は9月開催です。   さて、HugくみMGは 神様はおりませんが 基本・基礎の力を大切にする 私、Hugくみサポーターの牧がおります。 毎月、開催していますので 思いついたら、お寄りくださいね。 開催スケジュール…